軽井沢辞典

2022.11.19

軽井沢の11月は微妙?

樹々の1年の命の祭典、紅葉がほぼ終わった軽井沢、季節はこれから長くて厳しい冬へと向かっていきます。地元の人々が車を冬タイヤへとつけかえるのも大体これから2週間くらいの時期です。

紅葉が終わったということは、広葉樹の樹々の葉っぱが落ちてなくなったということ、このように少し寂しい冬景色の中では、モミやイチイの常緑種の緑がとてもありがたく感じます。

東京24区とも異名を取り、東京と軽井沢を行き来する人も増えてきた中、11月と4月は東京に比べて軽井沢の景色が若干寂しい時期なのかなとも思います。どちらも月も東京は美しく、気候も過ごしやすいですから。

11月中旬までに紅葉が終わり樹々の葉が落ちてしまった後、軽井沢に新緑が戻るのは5月の連休の後です。だから軽井沢では都合6か月の間森は冬の佇まいを見せるのです。東京で樹々が葉を落とすのは、12月から3月まで大体4か月なので、軽井沢の冬は2か月も長いということもできるでしょう。

もちろん、人々に溢れた大都会と違って軽井沢には美しい自然があります。新幹線で軽井沢駅に降り立って、外に出て味わう空気のおいしいこと、、、また夜寒いけどちょっと頑張って外に出て、夜空を見上げればそこには満点の星空、、、

これから迫りくる厳しい冬を予感させながら、それでも美しい自然の季節の歩みを予感できる時期、、、軽井沢の11月はそんな季節です。

こちらの記事もおすすめです

  • 文化

    2021.12.17

    緊急投稿~降雪が予想される軽井沢

    昨日からの雨が上がり、天気図を見ると西高東低の強い冬型の気圧配置になってきました。以前も書いた通り、軽井沢は標高1000mに位置する高原で寒冷地ですが、しかし日本海側気候ではありません。 だからこのように西高東低になった時にも大雪が降るということはあまりなく、...

  • 文化

    2021.10.30

    最速レポート,軽井沢の紅葉は最高潮!

    ここ1,2週間の寒さに反応して、軽井沢の樹々が駆け足で紅葉に入りました。 木にとって、葉は命のための代謝作用をつかさどる柔らかい部分、水が凍る零下の気温の中で葉を露出することは、命を落とすことにもつながるのです。 軽井沢での紅葉の名所として知られている雲場池、...

  • 文化

    2021.11.05

    軽井沢民泊考

    2018年に民泊新法が施工されて以来、軽井沢での民泊に関してホットな議論が交わされてきました。日本を訪れるインバウンド外国人観光客の数が急増し、民泊もそれに歩調を合わせて急成長する中での、法整備が与えた影響は多大なものがありました。 特に注目を引いたのが、軽井...

軽井沢流からのご提案