軽井沢辞典

2021.09.29

分かれる行政の対応~御代田と軽井沢

最近、文学愛好家を残念がらせるニュースが軽井沢から届きました。川端康成が小説の執筆を行った別荘が取り壊されることになったと朝日新聞が報じたのです。

その記事では、藤巻軽井沢町長の言葉として
「町が金利の負担までは難しい。(不動産会社は)歴史的、文化的な価値がどうこうというよりも、ビジネスとしての対応だった。どうにもならなかった」

期せずして隣町の御代田町からは、対照的なニュースが飛び込んできました。

黒川紀章のカプセル別荘が宿泊施設へ。その全貌を徹底解剖!

軽井沢の旧川端別荘とは反対に、黒川紀章設計のカプセルハウスKがなんと宿泊施設としてよみがえるというのです。

これらのニュースを聞いたときに、昔旅したスペインのパラドールを思い出しました。

パラドールとはスペインの国営ホテルで、なんとイスラム教徒時代のスペインの雰囲気が色濃く漂うアルハンブラ宮殿などの数々の歴史建造物に泊まることができるのです!

文化財を保存することは大切なことですが、その文化財を現代人が身近に活用することなしには、保存のための資金を確保することさえおぼつきません。

保存か経済か! との硬直した二者択一ではなく、

マネーフローを生み出す活用することで賢く保存する、知恵が求められるのではないかと思います、

宮殿もぶらぶら歩いて訪れるのと、そこに泊まるのではその体験の深さが全く違うものになるでしょう。

軽井沢の川端別荘なら、ここをリノベーションして快適に過ごせるようにして、そして文豪宿泊体験と銘打って宿泊を提供するというのはどうでしょう?

個人的にはすごく泊まりたい気持ちになります。

その意味で、黒川紀章建築をいたずらに保存することだけを考えるのではなく、宿泊施設として活用を決断した御代田町の英断に拍手を送りたいと思います。

こちらの記事もおすすめです

  • 文化

    2022.02.05

    義務? お願い? 日本式行政について回るグレイゾーン

    2018年に民泊新法が施工され、それまで野放しだった民泊に法の網がかかるようになり、それにつれて民泊施設の数も大きく減ったようです。 それまでゲストを宿泊させて対価を取るという行為は、旅館業法による許可行為でした。言い換えれば、旅館行為を行うことは原則禁止、免...

  • デフォルト画像
    文化

    2022.04.04

    2022年冬ー軽井沢の名残り雪

    3月31日の東京の冷たい雨は、標高1000mの軽井沢には雪を降らせました。 雪は日中の陽ざしで溶けてしまい、この墨彩画のような幻想的な風景も、残念ながら数時間で消えてしまいました。 さて、厳しかった今年の冬、これが最後の名残雪となるでしょうか?地元の人々は大体...

  • 文化

    2021.10.22

    ジョンレノンを魅了した軽井沢

    わたしが軽井沢を初めて訪れたのは20余年前、90年代後半でした。ちょうど、長野オリンピックに合わせて長野新幹線と高速信越道ができて、それまでと比べて軽井沢へのアクセスが格段に良くなったころ、、、 当時はバブル崩壊から数年後で、軽井沢も御多分に漏れずバブル観光地...

軽井沢流からのご提案