Loading…

軽井沢の中国人

軽井沢に多くの中国人観光客を見かけるようになって久しい。顔かたちはわたしたちとほとんど見分けはつかないが、
観光バスに乗り付けてきて、また別荘地を自転車で行き来する彼らをは、日本人観光客とは雰囲気の違いで中国人だとわかります。。 

彼らが大体どれくらい軽井沢に滞在するのかはわからないですが、想像するにせいぜい1、2泊ではないでしょうか。 滞在型旅行とはいえないですが、ここに中国人観光客が求めるものと、軽井沢が提供しているのの間にギャップがあるように思われます。

軽井沢の最大の魅力とは何でしょうか?  もちろん、軽井沢に求めるものは人それぞれでしょう。しかし、アレクサンダー・ショーをはじめとする外国人宣教師に見出された軽井沢の価値は、最高の夏の保養地というものでした。その後、住宅性能の向上に伴い、軽井沢は夏の保養地から一年を通じた観光地へと変わっていくわけですが、やはり保養地というその特質は変わっていません。

軽井沢の深い森の中に滞在し、深呼吸することで、日常の雑事からもたらされた疲れを振りほどく、これが今も昔も変わらない、軽井沢の最大の特質です。そして、そのためには環境のよい所でゆっくりと、ある程度日数を掛けて滞在してこそ、
軽井沢の価値を実感できるのだと思います。

しかし、中国人、いやもしかしたら、別荘などもたない日本人観光客も、この軽井沢の最大の特質を享受できているでしょうか?  京都、あるいは金沢だったら、お寺や日本庭園など見所は沢山あるでしょう。しかし、軽井沢では、積極的に観光するというよりは、森の別荘でゆっくりするという滞在が最大の贅沢なので、いわゆる見所はそれほど多くはありません。

アウトレットは確かにショッピングを楽しめる素敵な場所ですが、しかしこれが軽井沢ならではの場所であるとも思えませんし、そのような反省のもと、星野リゾートはプリンスとは全く異なるコンセプトにたってハルニレテラスを企画したのでしょう。

つまり、軽井沢はステイ型の場所であるのに、その特質を生かした楽しみを提供できてはいないように思われます。

そのギャップのおかげで、せっかく訪ねてきてくれた中国人観光客が自転車で町内をブラブラして帰るのではあまりに
もったいない。

この問題は、軽井沢の今後を考える上で掘り下げていくべき問題のように思われます。