Loading…

別荘にピッタリな家 ー ダグラスファー/米松

軽井沢に別荘に対して最も人気が高いのが木の家でしょう。

最近は杉やヒノキなど日本の木を使った木の家が復権してきているように思えます。しかし、外国産の木材もまだまだ存在感を放っています。

日本ではそれほどなじみがないかもしれませんが、北米では最も強い針葉樹として高い信頼性を得ているのが、ダグラスファーです。 日本では松の代用品として用いられてきた歴史から米松との通称で通ります。
実際には松ではなく、トガサワラ種に属する。しかし、赤みをおびた色合いと木目は、確かに松に似ています。

特筆すべきはその強度で、手触りは針葉樹らしさもありますが、しかし、杉やヒノキよりははるかに強靭な感触を持っています。 米国やカナダでは、木造住宅のほとんどが2×4などのプラットフォーム工法で建てられますが、ここでの間柱に使われる樹種として一般的なものがSPFと呼ばれる針葉樹です。SPFはSpruce-Pine-Firの頭文字から取ったもので、つまりはスプルス、パイン、もみの3つの樹種の混在した材で広く使われます。

そしてダグラスファーは、SPFよりも強度、そして耐久性に富むので、ハイエンドの2x4に好んで使われてきました。

また、北米には2x4などの壁工法のみならず、日本の在来軸組木造にも通じるティンバーフレーム工法があり、高級別荘などに根強い人気があります。ダグラスファーはティンバーフレームの梁や柱、そして土台などに好んで使われます。 ティンバーフレーム工法では、20cmと日本の在来とは比較にならないくらい太い材が使われており、強度の高いダグラスファーを使うことでさらにスパンを飛ばして設計することができるのです。写真の家のようにティンバーフレームの太っとい柱、梁として使うと、その赤い肌合いから、素敵な雰囲気になります。

主な産地は米国やカナダの西海岸であるらしい。大木が取れるので、20cm角の大径木であっても、芯去材が取れる点が特筆されます。カナダの雄大な森林にダグラスファーが悠然と立つ様を見てみたいものです。