Loading…

別荘地とは何か?

軽井沢の最も価値ある財産が、保養地=別荘地にあることは議論を待たないところです。軽井沢の森に、ゆったりと余暇を過ごせる別荘を持つということが、多くの人々の憧れとなる所以です。しかし、厳密に別荘地とはどのような土地であるか、考えてみたことはあるでしょうか?

別荘地は当然ながら家を建てる宅地ですが、建築を監督する法律上、一般住宅と別荘地という区別はありません。では、宅地と別荘地を区別するものは何でしょうか?

軽井沢の別荘というと、緑豊かな森に低層の木造の別荘がひっそりと立ち並ぶさまを多くの人が思い浮かべるでしょう。明治時代、最初に軽井沢に別荘を建てた外国人宣教師たちはその信条に沿い、自然に寄り添う質素な別荘を建てることが多かったのです。

別荘も家の一種ですが、しかし、普段住んでいる所ではない何処か別の所で、便利さ、損得、などに縛られた日常生活の頸城を一時解き放ち、自然の静寂へと聞き入る。このような別荘では、普段住んでいる家とは違う性格も求められます。

そのためには、人間社会べったりの日常から、わたしたちの目をそらせてくれる、自然が必要です。しかしながら、別荘地といえども資本主義経済の洗礼を逃れることはできません。多くの人々が軽井沢に別荘を求めればそれだけ森が切り倒され、別荘の本質的価値である豊かな緑と静寂が失われる、軽井沢とて、現代のわたしたちを縛っている商業主義のジレンマの下にあります。

この中で、軽井沢の別荘地の自然の保全に大きな役割を果たしているのが、長野県条例です。これにより、長野県では別荘地に最低300坪、建ぺい率容積率はそれぞれ20%という非常に厳しい制限を課しているのです。

これはつまり、300坪の土地を買っても、家を建てられるのはその2割まで、つまり60坪までということを意味し、残りの8割の森が守られることが期待できます。

しかし、期待はあくまで期待、中には自分の土地だからといって、木を見事に皆伐してしまう人々も中にはいます。

また、マンションも環境を守るうえで大きな問題となります。 マンションを建築することに寄ってもたらされる莫大な利益は、土地の持ち主と建築会社(そしては行政にも)大きな魅力であるからです。

その意味で軽井沢は、2001年にマンション軽井沢メソッドを宣言した当時の軽井沢町長 佐藤 雅義と長野県知事 田中 康夫に多くを負っています。

http://karuizawa.style.coocan.jp/sengen.htm

この軽井沢マンションメソッドが制定された当時、大手ゼネコンの一角が旧軽井沢万平ホテル裏の丘を切り崩して、マンション建設を計画しているとの噂までありました。旧軽井沢、万平ホテル近辺の雰囲気を知っている人なら、このような開発をすればそれは軽井沢の死を意味することは、容易に想像がつくでしょう。

タワーマンションが林立する軽井沢を想像できるでしょうか? 越後湯沢に起こったことを回想すれば、軽井沢でも同様の事態に陥ったことは容易に想像できます。

そして、佐藤町長と田中知事はマンション軽井沢メソッドを宣言することで、軽井沢の救世主となったといっても過言ではないでしょう。