軽井沢辞典

2023.03.27

断熱に関して見逃しがちのポイントとは?

多分このポイントはかなりの家造りのプロでも気づかないのだが、、、

我が家の脱熱材にはセルロースファイバーを使っている。これは古新聞を粉砕して再生された、木の繊維の綿みたいなものだ。これをブロワで圧をかけて、I平米50kgくらいにパンパンに詰め込む。

この作業は専門業者によって行われる。これがセルロースファイバー断熱の利点の1つ。これに対して、通常断熱材としてよく使われるグラスファイバーは、大工さんが手で押し込む。これにより、施工不良が起こりにくい構造になっているのが、セルロースファイバーの第1の利点だ。グラスウールだと、隅の細かい所までちゃんと押し込んでくれるかどうか、こんな施工監理をできる施主はいないからね。

しかし、それよりも大きい点が、ヴェイパーバリアの不在だ。

家の高断熱化はそのまま、壁体内結露との戦いでもあった。室内が暖かくなることは、中にいる人にとって当然素晴らしいことなのだか、それは室内と室外の温度差が拡大することを意味する。

外は零下の気温なのに室内は20度でポカポカ、、こんなときは20度も温度差がある。そして、壁の中に湿気が入り込むと大問題が発生する。結露が壁の中の柱や合板を腐らせてしまう。

だから高断熱でグラスウール断熱の家は、例外なく室内側をビニールで覆う。室内から入り込んだ湿気がグラスウールの中で結露しないために、、、これを称してVapor barrier 蒸気止と呼ぶ。

しかし、チューダーハウスにはこの壁の中のビニールはない。なぜか?セルロースファイバーはその名の通り元々は木だから、この細胞内に空洞がある。これを称してハニカム構造という。この空間がおるから、湿気をある程度吸ってくれる。つまり、濡れた新聞紙を想像すればわかりやすい。

14年前に建てた家で初めてセルロース断熱を採用した時、はたしてヴェイパーバリアを張るか否や、、専門業者もどちらもあり、、とも考えだった。そして、わたしははらないことを選択した。欲しいのは暖かい家であって、必ずしも高気密ではないから。

この考え方が正しかったことはその後の年月が証明してくれた。

木というものは、私たち人間にとってまっこと素晴らしき盟友た、

こちらの記事もおすすめです

  • 住宅建築

    2022.12.10

    チューダーハウス#2建築開始!

    軽井沢に2軒目となるチューダーハウスの建築が始まりました。ゲストに好評いただいているチューダーハウス#1の隣の敷地です。来年に完成した後は、2軒ハーフティンバー造の家が森の樹々の間にその姿を見せてくれるのが、今から楽しみです。 チューダーハウスの最大の特徴は、...

  • 住宅建築

    2021.10.12

    軽井沢の理想の家って?#6 断熱2

    断熱に関する2つ目の投稿です。 軽井沢は元々避暑地として人気が出ましたが、それが今では通年を通じて滞在する人がほとんどです。住宅の断熱性能が上がり、それによって軽井沢の厳しい冬でも快適に過ごすことができるようになったことが大きいのです。 かつての避暑地時代の軽...

  • 住宅建築

    2023.01.07

    本物のチューダーデザイン~ハーフティンバー住宅とは?

    家を1軒建てることは無数の決断を下すことでもあります。 この決断の量があまりに多いものだから、”家を建てると死人が出る”とか”家は3軒建てないと満足のいくものは建てられない”とか揶揄される所以です。 試しに本屋に行って家づくり関連の棚を覗いてみると、それはもう...

軽井沢流からのご提案